治療をする前に

カウンセリングを受ける男性

精神科や心療内科の種類と利用目的とは

うつ病にも様々な種類がありますが、その中で奔逸と呼ばれるものがあります。これは、会話があちこちに飛んでしまい、すぐに話題が変わってしまう人のことをいいます。奔逸の状態になると、相手との会話をすることが難しく、お互いまともに会話ができずストレスがたまってしまうでしょう。もし、この状態に陥ったとすれば、うつ病の可能性があるためすぐに病院に行った方がよいです。うつ病は、自力で治すのは難しく、病院に行って専門のカウンセリングを受けるなどして治していくのです。病院にも様々な種類がありますが、行くならば精神科や心療内科になるでしょう。発熱や頭痛あるいはめまいなどが頻繁におこる場合には、心療内科に行くべきです。ですが、表に病状などが出ていない場合には精神科で十分といえます。精神科の中にも様々な治療方法があります。精神病の治療方法として有名なのは投薬治療です。夜眠れない人などは、睡眠薬を渡されたり、感情の起伏が激しかったり落ち込みがちな人の場合には精神安定剤を処方されます。このように、投薬治療を中心に行っていくところもありますが、最近は投薬治療に対して疑問をもっている医者も多く、可能な限り投薬治療を勧めないようにしていることがあります。投薬治療の代わりに、カウンセリングを十分に行い奔逸の状態を根本から治していくことが目的です。もともとうつ病になる人は、自分自身の精神状態が安定していないことが原因です。精神状態を安定させるためにはその人の観念を変えていくことが必要です。そのためにカウンセリングを行っていきます。

うつ病の一種である奔逸の状態になると、会話があちこちに飛んでいくため、社会生活をいとなむのも難しいことがあります。本人が落ち着いて話しをすれば問題ありませんが、人前に出て緊張したり、早くすべてのことを相手に伝えなければと考えれば考えるほど要点がまとまっていない会話になってしまうでしょう。奔逸の場合には、精神科と心療内科で治療してもらうことが大事ですが、当然ながら高いお金を支払って治療することになりますので利用する目的を明確にしておきましょう。利用する目的は、治療することですがさらにその先まで考えておくとよいです。治療した結果、社会復帰をすることを目的としている人が多いはずです。社会復帰をするためには、完全に奔逸の状態が治らなければいけないかといえばそのようなことはありません。多少途中で話しが変わったとしても、会話がかみ合えば社会生活を送っていくことが可能になります。ただその場合でも、接客のような仕事をするのかそれとも一人で事務作業をするのかによってどの程度治療したらよいかは変わってくるでしょう。もし、単に社会復帰することだけを念頭に置くとなれば、完全に治す必要はありません。ですが、特定の仕事をする場合には完全に治す必要があることも言えます。どれぐらいの期間で治るかはその人の状況によって異なりますが、最低でも半年程度の時間は見ておいた方がよいです。ある程度重度の奔逸状態に陥っている人は、1年半から2年ぐらいの時間をかけることで完治する可能性が高まります。毎週病院に通う必要はありませんが、月に2回から3回は通うことが必要です。

Copyright© 2019 精神科に行く場合の仕組みや知っておいた方がよい情報 All Rights Reserved.