注意点を確認しよう

診察

適切なところで治療を受けよう

観念奔逸といった躁病の一種と診断された場合は、適切な科で適切な治療を受けることになります。ところが、多くの人は自身でこのような病気だと気づくことはありません。周囲の身近な人が気づいた時には既に状態が悪化していることがあるので、病院を訪れると重度な状態になっていることも少なくないのです。そこで、周りの人が何となく様子がおかしいと気づいたらすぐにでも心療内科もしくは精神科を受診するようにすすめてみましょう。当人が行きたくないといっても周りが付き添って連れて行くことをおすすめします。そうしないと、状態がどんどん悪化してしまうこともあるからです。観念奔逸の場合は、薬物治療などを受けることになります。ただし、この手の病気に詳しい医師ではないと、単純にうつ病とひとくくりにされてしまうこともあるので注意が必要です。もっと詳しく診てくれるようなところを探すには、実績のある病院を探すことをおすすめします。初めてこの手の科を受診する人は抵抗感があるかもしれません。主治医と相性が合わないこともあります。無理に通っていても治療がうまくいくとは限らないので、信頼できる医師を見つけることが大事です。合わないと感じたら別の病院を探してみましょう。セカンドオピニオンも考えておいた方がいいかもしれません。また、この病気は躁状態になることが多いので、一見、機嫌が良かったり元気に見られてしまったりします。身近な人ではないと理解してもらえないこともあるため、信頼できる第三者などにも協力してもらいましょう。

観念奔逸の人は明るい人が多いので、この病気であるとなかなか周りに理解してもらえないことがあります。当人も病気だと気づかないことがあるため厄介です。注意点としてはいち早く病気に気づき、適切な治療を受けることになります。あまりにもテンションが高く、躁状態が続いていると異常を感じることは身近な人です。家族や友人などが、ちょっとおかしいと気づくことがあります。少し様子を見てあまりにも躁状態が続くようなら観念奔逸を疑い、心療内科もしくは精神科を受診させるようにしましょう。もちろん、この病気ではなくても常に明るくテンションの高い人はいるものです。明るい人が必ずしもこの病気だとは限りません。元々の正確とは違うといった状態なら、病気を発症している可能性が高いと言えるでしょう。身近な人たちはよく観察する必要があります。当人も一度この病気だと診断されたら、すぐに治療を受けましょう。そして完治したとしてもまた何かのきっかけで再発することがあるので、日頃から気をつけなくてはなりません。病気を発症した時の置かれている環境などを考えてみましょう。例えば、仕事が変わってからおかしくなってしまったというのなら転職が病気のきっかけになったのかもしれません。無理にやっている仕事は心のストレスになります。なるべく自身がやりたい仕事をしたり、ストレスを発散できるものを探したりしましょう。こうして予防に務めることも大切です。そして頑張り過ぎないようにすることも重要と言えるので、息抜きできる環境づくりもしてみましょう。

Copyright© 2019 精神科に行く場合の仕組みや知っておいた方がよい情報 All Rights Reserved.